イーストをプレゼントするならココ 2017年度

じっくり発酵はまだ試してないんですが!まずは良く読んでから焼いてみようと思います。レシピは私好みのハードパンが中心です。我が家の冷蔵庫は7℃よりも低く、冷蔵庫発酵出来るか不安でしたので、冬はボウルを大き目の箱に入れ室温でオーバーナイト、今の時期はオーバーナイトせずに、常温発酵させて焼いています。

いまオススメの商品!

2017年03月26日 ランキング上位商品↑

イースト少しのイーストでゆっくり発酵パン [ 高橋雅子 ]

詳しくはこちら b y 楽 天

不器用だから!難易度の高いものは手を出せず!簡単な物から作っています。本当にお薦めです★ドライイーストで作るのに!粉の風味もよく独特のイースト臭もなく!翌日に食べてもしっとり美味しい!天然酵母でゆっくり醗酵させてつくるパンは美味しいけど!思い立ったときにさあ!作ろう!といかなくて不満でした。以前図書館で借りて!気に入ったので購入しました。このシリーズは他の本もほとんど読みましたが!この本が一番レシピのバリエーションが豊富です。イーストを少なくして冷蔵庫で長時間発酵させるのですが!タイムスケジュール的には夜に生地を作って発酵させ!翌朝の午前中に焼いています。写真も多く手順が細かく記されてるので、とてもわかりやすいと思います。内容も満足。市販のパンは得体の知れない物が沢山入ってるし!パン屋さんはお値段が高い‥!割に!あんまし美味しくないような。レシピでは水の温度が大切のようだったので温度計を買いました。白神こだま酵母を使用していつも作っていますが!特に問題ないです。。今までは時間をかけて作るより、おいしいパン屋さんを見つけて購入するほうが楽しかったのですが、家族の事情で家の中で楽しむ方法を開拓したいと思います。また!4つの製法とちょっとしたコツやいろいろな成形の仕方など!パン作り初心者にはうれしい記事がたくさんあり!読むだけでもわくわくしてきます。パンづくりを始めるとどうしても時間がかかります。そのためにもこの本を有効に利用したいです。写真がいいですね〜。離乳期の子どもに安心なパンを食べさせたい!との思いで!ちょっとお値段張るけど買ってみました。最近ハード系のパン作りに興味がありこの本を購入しました。レシピだけではなく粉の事や、イーストの扱い方、パンチの効果など…パン初心者の私にはありがたい本でした。お友達がずっと欲しがっていたので!今回はプレゼント用です。HBではないパン作りが楽しくなりそうです。イーストを少なめで作ると美味しいと聞いたので・・・。うーん。私にとってのパンの先生は、この本です(笑)少しのイーストシリーズは、全部持っています。まだ基本のパンしか作成しておりませんが!ライ麦を使った本格的なものにも挑戦したいです。なによりも、こんな少しのイーストでもパン生地が膨らんでくれることが嬉しいです。上の基本にバリエーションをつけたレシピがそれぞれに3〜4レシピ紹介されています。今まで焼いていた食パンはなんだったんだ〜というくらいにこの本の通りに焼いた食パンは 美味しいです。110ページにある、道具の紹介を参考に、クープナイフ・温度計・オーブンシートを真似て購入してみました。今はなかなか時間を有効に利用するのが難しいので、読んでるだけですが早く作りたくてうずうずしちゃいます。なかなかいいのですが、という感じです。。リーン生地からリッチ生地まで載っていますよ。本に載っているパンは!ほぼ全部作りました。この本にはわたしの大好きなハード系の、粉のおいしさを味わうことのできる、言うなれば“大人向けのパン”がたくさん紹介されていて、菓子パンにはあまり興味のないわたしにはまさに探していた本でした。こんなパンがうちで焼けたらいいです。初心者でも分かりやすい内容です。1月25日に注文し、28日に届きました。難易度も簡単なものから難しいものまであり!ステップアップできるのが楽しみに作っています。(*^^)vずっと前!少しだけパン作りをしていたのですが!今は仕事を持っているからなかなかまとまった時間は取れないし!パン作りはとても無理だとずっと思っていましたが!「ゆっくり発酵」なら可能でした。プロの技としてパートフェルメンテ、オートリーズ、中種法、水種法などがありました。パン作りほとんど初心者といっていいわたしですが、おいしいパンが焼けました。内容は!プチパン!リュスティック!カンパーニュ!バゲット!パンドセーグル!ベーグル!食パン!パンオレ!ブリオッシュ!牛乳パン!フォカッチャとお菓子のカレ!ベラベッカなどです。イーストが少なくてすむのも助かります。自家製酵母に惨敗し、イーストのパンは嫌いじゃないけど、身体に良いとも思えない‥。あると便利ですね。まだ作っていませんが!ハードパンが好きなので作るのが楽しみです。〈焼いてみました!〉まずは手始めに一番最初に載ってる『基本のプチパン』発酵時間も気にすることなく放っておけたので!作りやすかったです。しかも!一般的なストレート法だけでなく!パートフェルメンテ(発酵生地)法や中種法など!いろんな作り方も載っているので勉強になります。少しのイーストで・・・というだけあって、一晩発酵と時間のかかる作り方ですが、お急ぎコースも載ってます。惣菜パン、スウィートパンをお好みの方はやめたほうがいいと思います。この本のレシピだとまとめて時間がとれなくても2日間に分けて作業ができるので効率が良いと思います。自宅でハード系のパンを焼きたくて購入しました。木の実のパンを作ってプレゼントしたら、美味しいと喜ばれました。この本の作り方だと!前の晩に作って朝起きてから二次醗酵させて焼くから朝食に焼きたてパンも可能です。菓子パンではないけれど牛乳パンやブリオッシュなど、素材の味を生かした上品な甘さのパンも紹介されていますし、ショコラシートの作り方も載っています。他にも色々な道具たちが紹介されていて参考になります。オーバーナイトによるハード系の製パンを中心とした本です。本のサイズは中途半端だけど、写真はとても綺麗で、持っているだけでも満足。少量のイーストで美味しいパンが作れるというのもすごく嬉しいです。 かなり説明も細かくされているのですが、といったところです。これから少しずついろんなパンを焼きたいと思っています。